明るく風通しが良い雰囲気が魅力

2016年入社 技術部
(日本大学 2016年卒)

今井 幸代

 

— 現在の仕事内容は?
 
技術部という部署の一課に所属しています。CADで図面を描くというのが主な仕事で、入社一年目の私は、上司のアシスタントをしながら仕事を覚えています。図面に朱書きで訂正箇所が入っているものを、CADで清書などをしています。
 
— 学校で学んできたこととの違いはありますか?
 
大学では機械系の学問を専攻していたので、電気に関しては基礎的なものだけで、回路図を実際に図面で描くということはやったことがありませんでした。なので現在の仕事の知識はほとんどない状態での入社でした。
 
— そこに困難はありましたか?
 
最初は図面の読み方も描き方もわかりませんでしたが、わからないところは上司や先輩が丁寧に教えてくれました。業務の中でCADに触れ続けているので、回路の読み描きは入社の頃よりはだいぶ出来るようになってきました。それでも、私は全く違う学部から入ってきているので、まだまだ勉強しないとと感じています。

 

— 仕事のやりがいは?
 
実際に自分が携わった図面の製品が、出来上がったときですね。パソコンの画面では二次元で描かれているものが、工場で出来上がっていた時に感激しました。

— 友伸を選んだ理由は?
 
就職活動で重視をしていたのは、会社の雰囲気が明るいか、風通しがよいかということと、あとは図面を描く仕事であるというところです。実は就職活動を始めて、最初に見学にきたのが友伸で、他の会社はみていないんです(笑)。一社目で決まってしまいました。

 

— 入社前の友伸のイメージと、入社後の今の友伸のイメージを教えてください。

 
会社の雰囲気が明るい、風通しがよいと思って応募を決めましたが、想像以上でした(笑)。年齢、役職の垣根を越えて、コミュニケーションを取りやすい環境だと感じています。いろいろなところから笑い声が聞こえる職場だなと。 
 
— 社会人になって一年目ですが、学生時代と変わったことはありますか?
 
学校では課題としてやっていたことが、会社ではお金をいただいてやっていることなのだと、意識が変わりました。責任感が強くなったと思います。

 
  
 

— 会社の取組でよいと思うことはありますか?

 
新入社員として入社した時に、同期と一緒に3週間の研修を受けましたが、その中で、コミュニケーションや協調性を大事にするということで実施されていた、キャンプ研修です。キャンプ自体も初めての体験だったので、テントの設営や食事の準備など、わからないながらも楽しく交流でき、同期との仲がグンと近づいたと思います。キャンプ以外も、研修期間中は毎晩同期と一緒に夕飯を食べましたが、それも良い思い出です。
 
— 女性が少ない製造業という職場で、ハンデを感じることはありますか?
 
うーん。正直あまりないですね(笑)。周りの人も特別女性だと意識せずに、同じ仕事をしている仲間だと思って接してくれていると感じています。基本的にパソコンに向かっての作業が多いので、体力的に不利に感じることもありませんし。強いていえば、最近会社に女性も増えてきたので、トイレと更衣室が手狭になってきたことくらいでしょうか。
(※トイレと更衣室は2017年中に増築予定です。)
 
— 10年後はどんな働き方をしていたいですか?
 
同じ部署で活躍されている女性の先輩が何人もいて、ああいう風になりたいなと、憧れています。仕事上の知識だけでなく、人柄にも。私も仕事を早く覚えて自信をつけ、物怖じ せずに働きたいなと思います。